長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1133-42
TEL : 0267-42-4625

サイトマップ サイトマップ

企業経営者をサポートするプロ集団[株式会社ジャパンビジネスコンタクトグループ]

特定技能1号と2号の違い

特定技能には、2種類の在留資格があります。特定技能1号と特定技能2号です。

特定技能1号では、「相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務」向けで、特定技能2号では、「熟練した技能を要する業務」向けの在留資格となります。
簡単に言えば、1号は、一般的な職種向けで、2号は熟練工向けとなります。

技能水準は、いづれも「試験等で確認」となっていますが、特定技能1号では、技能実習2号を修了していれば、免除となります。とは言え、技能実習にはない航空、宿泊、外食といった業種では、それはできませんので、試験を受けて合格してもらうしかありません。
「特定技能」において新設する試験については、法務省の資料*1によると、下記の様になっています。

特定技能関連で新設される試験

試験・分野 試験名称(仮称) (実施主体(決定している場合))
日本語(14分野共通) 国際交流基金日本語基礎テスト ((独)国際交流基金)
日本語(介護)介護日本語評価試験
介護 介護技能評価試験
ビルクリーニング ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験 ((公社)全国ビルメンテナンス協会)
素形材産業 製造分野特定技能1号評価試験
産業機械製造業
電気・電子情報関連産業
建設 建設分野特定技能1号評価試験 (特定技能外国人受入事業実施法人)
造船・舶用工業 造船・舶用工業分野特定技能1号評価試験 ((一財)日本海事協会)
自動車整備 自動車整備特定技能評価試験 ((一社)日本自動車整備振興会連合会)
航空 航空分野技能評価試験(空港グランドハンドリング) ((公社)日本航空技術協会)
航空分野技能評価試験(航空機整備) ((公社)日本航空技術協会)
宿泊 宿泊業技能測定試験 ((一社)宿泊業技能試験センター)
農業 農業技能測定試験(耕種農業全般) ((一社)全国農業会議所)
農業技能測定試験(畜産農業全般) ((一社)全国農業会議所)
漁業 漁業技能測定試験(漁業) ((一社)大日本水産会)
漁業技能測定試験(養殖業) ((一社)大日本水産会)
飲食料品製造業 飲食料品製造業技能測定試験 ((一社)外国人食品産業技能評価機構)
外食業 外食業技能測定試験 ((一社)外国人食品産業技能評価機構)

日本語能力について、特定技能1号では、上記試験の他「日本語能力試験(JLPT)」(N4以上)も活用されますが、特定技能2号では「試験等での確認は不要」となっています。ちなみに、JPLTの2018年第1回(7月)のデータによると、N4の認定率は33.0%*2で、かなり、難しいと言えるでしょう。

在留期間は、特定技能1号では5年までとなっていますが、特定技能2号では、上限がありません。 更新は、特定技能1号で1年、半年または4ヶ月毎、特定技能2号で3年、1年または6ヶ月毎となっています。

家族の帯同については、特定技能2号のみで認められています。

又、受入れ機関や登録支援機関の支援対象となるのは、特定技能1号のみとなっています。

特定技能の在留資格で、就労できる産業分野は、以下の14分野となりますが、特定技能2号では、このうちの建設と造船・舶用工業のみとなっています。

  • 建設(2号)
  • 介護
  • 農業
  • 漁業
  • ビルクリーニング
  • 自動車整備業
  • 産業機械製造
  • 電気・電子情報関連産
  • 造船・舶用工業(2号)
  • 素形材産業
  • 航空
  • 宿泊
  • 飲食料品製造業
  • 外食業

まとめ

項目特定技能1号特定技能2号
対象業務相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務熟練した技能を要する業務
技能水準試験等で確認
技能実習2号を修了していれば、免除
試験等で確認
日本語能力国際交流基金日本語基礎テスト
介護日本語評価試験(介護)
日本語能力試験(JLPT)
試験等での確認は不要
在留期間最大5年上限なし
家族の帯同不可条件を満たせば可能
支援対象対象外
分野
  • 建設
  • 介護
  • 農業
  • 漁業
  • ビルクリーニング
  • 自動車整備業
  • 産業機械製造
  • 電気・電子情報関連産
  • 造船・舶用工業
  • 素形材産業
  • 航空
  • 宿泊
  • 飲食料品製造業
  • 外食業
  • 建設
  • 造船・舶用工業

引用

*1 特定技能制度施行に向けた準備状況について P3 「特定技能」において新設する試験について 法務省
*2 日本語能力試験 統計データ 過去の試験データ