東京都世田谷区奥沢6丁目33-3
エクレール自由が丘305
TEL : 03-5760-6845
Visit our English site to English site

企業経営者をサポートするプロ集団[株式会社ジャパンビジネスコンタクトグループ]

BERGER社の紹介

BERGER Lichttechnik GmbH & Co.KGは1960年に設立され、1973年に最初のソーラシミュレータをドイツの宇宙航空機メーカーのメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム社(MBB)に通信・気象衛星用のソーラパネル試験用として納入して以来30年以上に亘ってソーラシミュレータ及び関連計測機器、ソフトウエアの開発、製造、販売を行ってきたソーラシミュレーションのパイオニア メーカーです。

最初のソーラシミュレータ
1973年に納入した通信・気象衛星用のソーラパネル試験用として納入した最初のソーラシミュレータ(クリックで拡大)
太陽電池の変換効率の測定にはソーラシミュレータが使用されます。ソーラシミュレータの性能は国際標準規格であるIEC規格やJIS規格で定義され、そのグレードは基準太陽光スペクトルとの合致度、照度場所ムラ、放射照度時間変動率の値によって等級分けされ、高い方からクラスA、クラスB、クラスCの等級に分けられます。
BERGER社のソーラシミュレータは国際標準規格であるIEC60904-9 Ed.2 Class AAAの認証をドイツのTUV ラインランドで取得、TUV ラインランド コロン、TUV ラインランド 上海、ITRI 台湾、NIST 米国等の欧米、アジアの中立校正機関で校正用光源として使用されその信頼性は高い評価を得ています。
ドイツのTUV ラインランドの証明書
ドイツのTUVラインランドの証明書
(クリックで拡大)
ソーラシミュレータ画面
ソーラシミュレータ画面(クリックで拡大)
量産ライン向けのシステムの納入実績の豊富さを特徴とするBERGER社はQ-Cells社を始め世界の主要なソーラセル、モジュールメーカーに累計約1200システムの納入実績を持っています。
ソーラセル、モジュールの測定用として量産ラインでの使用とオフラインでの使用に対応するパルス式ソーラシミュレータを販売、さらに大出力(40kJ)/大面積(直径6m円形)のAM1.5パルス式ソーラシミュレータも販売します。

BERGER ソーラシミュレーター詳細