東京都世田谷区奥沢6丁目33-3
エクレール自由が丘305
TEL : 03-5760-6845
Visit our English site to English site

企業経営者をサポートするプロ集団[株式会社ジャパンビジネスコンタクトグループ]

アジア人留学希望者紹介サービス

少子化で、学校は大きな経済的影響を受けます。私立校では、生徒の減少は、収入である授業料の減少に直結しています。過疎化が進む地方の公立校では、生徒減少に、教員の削減がおいつかず、財政を圧迫しています。私立校では、十分な設備と、良い教員を高給で確保しなければ、学校の評価は下がり、入学希望者が減り、収支が悪化してしまいます。入学希望者の減少は、競争率を下げ、入学時の学力レベルが下がります。学校の評価をあげる為に、さらに負担がかかりることになります。

日本では、公立大学の法人化も進めており、学生の確保は、対岸の火事と傍観している猶予はなく、目前の課題となっています。そのなかでも、アジア諸国からの留学者数は安定しており、これからの発展に期待がかかります。

大学の評価を左右する就職でも、アジア人留学生は、高い評価を得ています。(*1)この動きは、大企業だけでなく、アジア諸国へ進出を検討している中小企業にも広がる事は必至です。大企業では、既に、海外展開を果たしており、研修生は海外子会社から確保する事が容易です。すでに、採用している人材の中から、選抜すれば良いのですが、まだ、海外進出を果たしていない、企業では、それは、難しく、自然と、日本に留学している学生に白羽の矢が立ちます。

日本人学生の内向き指向や、日本の大学の世界ランクの低下が、問題になっているなか、高い勉学への意欲と、卒業生の企業に対する好印象は、アジア人留学生を受け入れる大学の評価アップに必ずや結びつく事でしょう。しかし、これからは、日本の大学間での競争が激しくなるでしょう。積極的な留学生募集へ動き出す時期かも知れません。

アジア人の人材紹介サービスを展開するJBCグループは、アジア諸国の人材派遣会社とパートナーシップを結んでいます。これら多くの企業は、現地の日本人学校を経営していたり、深い関係を築いており、優秀な留学希望者を把握しています。
アジア人留学生に、ご興味がございましたら、「お問い合わせ」で、連絡先をご確認ください。
問い合わせフォームもございますので、時間外には、ぜひ、ご利用下さい。

脚注

*1 パナソニック、ユニクロは8割……急増する外国人採用数 2011年4月18日号 PRESIDENT